長谷部虎杖子句碑


長谷部虎杖子句碑

建立年月日  1951(昭和26)年5月27日
所在地  銭函町御膳水
交通  中央バス 急行札幌行き、JRバス 快速札幌行き 銭函下車 徒歩5分
碑文
車組むや/一滴の油/地にひらく
長谷部虎杖子(はせべこじょうし)
1887(明治20)年10月28日~1972(昭和47)年12月26日

 虎杖子は本名栄二郎。宮城県亘理町生まれ。1903(明治36)年渡道、伊達に入植。1910(明治43)年札幌に移り、帝国製麻に勤務、後退職し神官となる。1923(大正12)年牛島藤六とともに俳句雑誌「時雨」(しぐれ)を創刊。廃刊後、1937(昭和12)年に「葦牙」(あしかび)を創刊。没後も刊行されている。句集「木槿」(むくげ)など。句碑は小樽「正風会」が建立。碑文は「木槿」所収。


ナビゲーショントップ  ナビゲーション文化財・文学碑トップ  ナビゲーション銭函・張碓ゾーンマップ